購入可能: SAPPHIRE RX 570 16GB HDMIブロックチェーン・グラフィックスカード

SAPPHIREのサイトでは、訪問者の体験をより向上するためにCookieを使用しています。

Cookieを無効にする方法については、ポリシーを参照ください。

 
承認します。

GPRO 4300 4G GDDR5 PCI-E QUAD MINI DP

  • 4GB GDDR5 メモリー
  • 128-bit メモリーインターフェース
  • x4 Mini DisplayPort 1.4 出力
  • AMD Eyefinity マルチディスプレイテクノロジー
  • 最大4 x 4K@60Hz解像度をサポート
  • 50W以下の超低消費電力
関連する製品:

GPRO 4200 4G GDDR5 PCI-E QUAD MINI DP

The GPRO 4200 is a good solution capable of driving up to 4 displays.

詳細
今すぐ購入/お問い合わせ

お手伝いしましょうか?

すべてを検索 グラフィックス

商用スペースにおける省電力、スモールフォームファクター、パフォーマンスベースのシステム

SAPPHIRE GPRO 4300は、SAPPHIRE Technologyのマルチディスプレイグラフィックスソリューションファミリの最新製品です。スモールフォームファクタのハイパフォーマンスシステム用に設計されており、4基のmini DisplayPort 1.4出力で最大4台のディスプレイを駆動できます。
わずか50Wの電力で優れた性能を発揮する14nm FinFETプロセステクノロジの第4世代GCNアーキテクチャを採用しています。

アイコン機能

第四世代GCN (14nmプロセス FinFET)アーキテクチャー

より優れた冷却と静音作業体験のための、最新の14nm FinFETプロセスとAMDの高度な電源、ゲーティング、クロッキングテクノロジー。事実上全てのグラフィックスチップのためにエキサイティングな機能と改良を組み込んだ第四世代FinFET GCN(14nm)アーキテクチャ。期待してください:パフォーマンスレベルの段階を増強し、スムーズなVR、次世代ゲームモニターとCPUに依存しないゲームストリーミングや録画をシームレスにサポート。

AMD Eyefinity 2.0マルチモニター•テクノロジー

ステレオ3D、ユニバーサルベゼル補正そして新ディスプレイ設定をフィーチャーした全く新しい、次世代AMD Eyefinityテクノロジーです。AMD Eyefinity 2.0の機能強化には下記の機能を含みます。
DisplayPortによるステレオ3Dマルチディスプレイ立体視
最大 16K x 16K 解像度ディスプレイグループ - 最大268Mピクセル/GPU

フル30ビットディスプレイパイプライン

フル30ビットディスプレイパイプラインにより、10億色(10ビット/RGBコンポーネント)以上の色を実現します。GPRO series は、正確な色再現と最上級のビジュアル品質が要求されるアプリケーションに最適です。

スクリューネジによるロック機構

ディスプレイとの断線リスクを回避。

ベゼル補償

複数のディスプレイにまたがる単一大きな画像を表示するときに、モニタベゼルの干渉や画像の歪みを防ぐため、ディスプレイの解像度を調整します。

PowerTune

この電力管理技術は、従来のGPUパワー管理方法を超えたダイレクトコントロールを提供します。アプリケーションは、ワークステーションのエネルギー使用方法を最小化しながら、ダイナミックなクロックの最適化で最大のパフォーマンスを得ることができます。

AMD FreeSync™テクノロジー

コマ落ちやティアリングは発生しません。
AMD FreeSync™ 4テクノロジーは、互換性のあるグラフィックスカードとモニタ間で、コマ落ちやティアリングの無い最適な表示品質を得るのためにフレームレートを動的に変化させます。

AMD LiquidVR™テクノロジー

AMD LiquidVR™ 3テクノロジーは、ゲームに限定されるものではなく、利点は、映画、教育、シミュレーション、テレプレゼンス、ソーシャルメディア、医療、eコマースによる不動産等々を含む広範囲のVRアプリケーションに利用できることです。

AMD TrueAudioテクノロジー

AMD TrueAudioテクノロジーの重要な目的は、サウンドエンジニアが映像に負けないビデオサウンドを創りだすための想像力とパワーを引き出す武器を与えることです。

AMD UVD (ユニファイド・ビデオ・デコーダー)

ビデオをストリーミングしていても、友人とビデオチャットをしていても、Windowsメディアプレーヤーでビデオ・クリップを再生していようと、DVD/Blu-rayを見ていようと、おそらくAMDのユニファイド・ビデオ・デコーダー(UVD)がシームレスに利用されています。HDコンテンツは、Blu-rayとHD-DVDの立ち上がり時に普及するようになりました。これにより圧縮された膨大な量のデータを取り扱うために、H.264やVC1のような計算的大規模な規格の開発につながりました。UVDは、VC-1、H.264の完全なビット精度のデコードを容易にする専用のハードウェアビデオデコードブロックです。

フレーム・レート・ターゲット・コントロール (FRTC)

フレーム・レート・ターゲット・コントロールは、アプリケーションを全画面モードで実行する際に、ユーザーが最大フレームレートを制限することができます。利点として、GPUの消費電力を低減でき (ディスプレイのリフレッシュレートより高いフレームレートで動作するゲームのプレイで大きな効果があります)、グラフィックカードの熱やファン速度/ノイズを抑えることができます。

AMD VCE (ビデオ・コーデック・エンジン)

VCEは、AMDの専用固定機能のH.264/AVCビデオコーデックエンジンです。その第一の利点は、コプレセッサ―のように他の処理ができるように大部分のCPUサイクルを空けるために、非常に重いビデオ圧縮ワークロードをオフロードできることです。また、固定機能ハードウェアを実装することは、スループットの向上と消費電力の低減のような利点を発揮します。デジタルビデオ圧縮システムの効率的なハードウェアとソフトウェアのアーキテクチャは、トランスコーディング、ビデオ編集、ビデオ会議、ビデオストリーミングのような多くの広範なアプリケーションの有効化、同様にワイヤレスディスプレイやクラウドゲームのような新技術に主要な役割を果たします。

バーチャル・スーパー・レゾリューション(VSR)

VSRは、ユーザが高解像度でレンダリングし、そしてそれをより小解像度のネイティブディスプレイに表示するためにレンダリング結果をスケールダウンします。この機能を利用すると、1080pのディスプレイであっても、最大4Kに匹敵する画質を得ることができます。

マルチビューディスプレイ

デュアルリンクDVI出力とDisplayPort出力により、マルチビューは、独立した解像度、リフレッシュレートおよびディスプレイローテーション設定で二面の3Dディスプレイを有効にします。

ロープロファイル設計

スモールフォームファクタからフルハイトシステムまで、さまざまなコンピュータ・システムにフレキシブルにインストールすることが可能

柔軟な出力構成

DisplayPort、DVI、VGAをサポートしており、ITは遊休資産のディスプレイを有効活用できます。

低消費電力

我々の地球をお客様と共に保護するため、設計段階からエネルギー効率を配慮した製品設計を行い、省エネ製品としてAMDは製品を供給しています。

仕様

GPU

  • 14 nm FinFET  
  • 第四世代グラフィックス・コア・ネクスト (GCN)  

インターフェイス

  • PCI-Express 3.0

メモリサイズ/バス

  • 128 ビットメモリーバス
  • GDDR5 メモリータイプ
  • 4GB サイズ

ディスプレイ

  • 4x ミニディスプレイポート1.4

解像度

  • 4096*2160  ピクセル ディスプレイポート
  • 2560*1600 ピクセル デュアルリンクDVI
  • 1920*1200 ピクセル シングルリンクDVI

API

  • OpenGL® 4.5
  • OpenCL 2.0
  • DirectX® 12

特徴

  • AMD パワーチューン
  • FreeSync™テクノロジー
  • AMD Eyefinity 2.0
  • フル30ビット ディスプレイパイプライン
  • 各ピクセル8, 10, 16ビット色のコンポーネント出力
  • 低消費電力
  • Quad 4K ディスプレイ(8K*4K Kサポート)
  • AMD LiquidVR™テクノロジー
  • AMD TrueAudioテクノロジー
  • フレーム・レート・ターゲット・コントロール (FRTC)
  • ベゼル補正
  • AMD VCE (ビデオ・コーデック・エンジン)
  • バーチャル・スーパー・レゾリューション(VSR)
  • miniDP端子のネジによるセキュアロック
  • ユニファイド・ビデオ・デコーダー(UVD)
  • フレキシブルな出力構成
  • ープロファイルデザイン

冷却

  • 2ボールベアリングファン

フォームファクター

  • 1 スロット占有
  • 68.58*180 mm / 2.7*7.08 in.
  • 181 g / 0.4 lb
  • HH/HL(Low Profile)

消費電力

  • <50 W 

適応規格

  • FCC / CE / VCCI / BSMI / RCM / KC

システム要件(動作環境)

  • 400 W 電源 (推奨)
  • 1 x PCI-Express x16必須
  • 1024MB システムメモリー
  • 64-bit for Microsoft Windows 7, Windows 10, RHEL, CentOS, Ubuntu and SLED/SLES
  • ソフトウェアインストールのためにDVD-ROMドライブ (またはインターネットアクセス)が必要です

添付品

  • 1x ミニDisplayPort - DVIパッシブ変換ケーブル (シングルリンクDVI)
  • ロープロファイルブラケット
  • デバイスドライバディスク

オプションのアクセサリー

追加のケーブルは別途ご購入頂けます。

  • MiniDP to DP ドングル (スクリューセキュアロック付)
  • MiniDP to HDMI 2.0 アクティブドングル (スクリューセキュアロック付)
  • MiniDP to DVI アクティブドングル (スクリューセキュアロック付)
  • MiniDP to DVI パッシブドングル (スクリューセキュアロック付)

ダウンロード

SAPPHIRE GPRO 4300のATXブラケットをLPブラケットへの交換する方法
バージョン V1.0
ファイルサイズ 1.58M
リリース日 2019/06/21
ダウンロード
記はDisplayPort接続によるもので、その他I/Fでは保証できるものではありません。

GPRO 8200: 4x 4K @30Hzディスプレイをサポート
GPRO 6200: 6x 4K @30Hzディスプレイをサポート
GPRO 4300/4200: 4K @30Hzディスプレイをサポート
GPRO 2200: 2x 4K @30Hzディスプレイをサポート

GPRO 8200/6200/4300/4200/2200コマーシャルグラフィックスシリーズは全て、(Mini) DisplayPort出力インターフェースを装備しており、モニターのDisplayPort端子への接続が最適な接続方法です。モニタにDisplayPort端子が装備されていない場合には、DisplayPortから適切なI/Fへの変換アダプタ(ドングル)をご利用ください。モニタや接続方法の仕様によっては、サポート解像度は異なりますのでご注意ください。
  1. GPRO 8200/6200/4200/2200とEyefinityテクノロジーについてコマーシャルグラフィックスシリーズでは、拡張モードモニターの最大数を増やすために、単一のシステムに複数のカードをインストールすることができます。
  2. 拡張モードモニターの最大数を増やすために、複数のGPRO 8200/6200/4200/2200グラフィックスカードを単一のシステムにインストールする場合、Dataton Watchout、Scala、Ventuz等のサードパティーソフトウェアを利用することによりシングルラージサーフェースを作ることができます。
  3. AMD Eyefinityは複数のグラフィックスカードによるEyefinityシングルラージサーフェースはサポートされていません。Eyefinityは単一のグラフィックスカード内でのみ有効で、複数のEyefinityグループをセットアップすることは可能です。
  4. 6出力設定をGPRO 6200で行う場合、AMD Eyefinityテクノロジーは下記モードをサポートできます。
    *ランドスケープモード: 2x1, 1x2, 2x2, 3x1, 1x3, 4x1, 5x1, 1x5, 3x2
    *ポートレートモード: 2x1, 1x2, 2x2, 3x1, 1x3, 1x4, 5x1, 1x5, 2x3

SAPPHIRE NATIONにご参加ください!