購入可能: SAPPHIRE RX 570 16GB HDMIブロックチェーン・グラフィックスカード

SAPPHIREのサイトでは、訪問者の体験をより向上するためにCookieを使用しています。

Cookieを無効にする方法については、ポリシーを参照ください。

 
承認します。

SAPPHIRE NEWS

巧妙に作成された NITRO+ RX 5700 XT を新規SAPPHIRE TriXXソフトウェアをともない発売

 表彰を受けた Tri-X 冷却ソリューション には、低温、ノイズ最小化および最高の信頼性をもたらす設計がなされています

重要な機能:

 

  • 工場でのオーバークロック実施済みの性能を備えて進化を遂げた Tri-X 特注冷却ソリューション

  • TriXX Software では使用者経験促進と多くの新機能をもたらしています

  • 15% までの性能強化がTriXX Boostを用いた人気ゲームでもたらされています

  • NITRO Glow ARGB システムにより向上した個々のオプション

  • 優れたPCBおよび電源の設計により、ゲーマーには 迅速かつ安定な クロック速度が確実に得られます

  • NITRO+ RX 5700 XTカードによって涼しく、静粛かつ手ごろな性能がもたらされています
  • SAPPHIRE社のCOOLTECHDNA および PLUS のテクノロジー機能群

 

2019916 SAPPHIRE Technology は、ハイエンドのゲームグラフィックスでライバルを寄せ付けない信頼性と能力を求めているゲーマーに待望の NITRO+ RX 5700 XT グラフィックカードを発表します。最も困難なAAAゲームのシナリオを実施する装備があり、NITRO+ RX 5700 XTカードの特徴は、表彰を受けたTri-X冷却性能および最大の信頼性を確保する高品質部品です。その美しいデザインは、どんなPC構造にも合う輪郭によって巧みにもたらされました。

 

NITROの充電能力

NITRO+ RX 5700 XTグラフィックスカードは最大4Kでゲームに夢中になる体験をもたらします。それは 2560 のストリームプロセッサを有するGPUを特徴としますが、最大 2010 MHz までのブーストクロックおよび1905 MHzのゲームクロックを含む3つのクロック設定で作動します。GDDR6高速メモリの最新の8GB 経過時間計測に 14 Gbps 容量 を用いた PCI Express 4.0 に支援されて、卓越したゲーム経験のために2倍の処理能力をもたらしています。

 

TriXXソフトウェアBIOSスイッチ

カード側のスイッチで性能設定とサイレントBIOSの設定の間で切り替わることが可能なだけでなく、ゲーマーはいずれのBIOSが最新のTriXXソフトウェア機能の使用を望むかについても選択できます。

 

次に、サイレント設定では、クロック目標を減らして、いっそうの静音操作を可能にするために目標温度を上昇させます。このモードでは、カードは最高 1925MHz ブーストクロックと最高 1815 MHzのゲームクロックで作動します。

 

注目すべきTRI-X 冷却

その最高水準のラジエータ設計によって Tri-X 冷却ソリューションは、SAPPHIREの最も効率的な冷却器の1つであるように設計されています。熱は、新しく設計された3組のサイレント・デュアル・ボールベアリング・ファンによって放散されます。2つは両側で反時計回りに作動しているやや大型であり、中央の小型のファンは最適気流を確保するために時計回りに作動しています。ファンのトンネル羽根は気流の対流増加に寄与して、ゲーム中にTri-Xが 75°C 未満に温度を保ち、 13 dBA まで静粛になることが可能です。  8 +1+ 2フェーズデジタル 動力デザインにより、NITRO+ RX 5700 XTではAMD’s RDNA ゲームアーキテクチャのすべての可能性が上手に解き放たれています。

SAPPHIRE知的ファンコントロール の機能 NITRO+ RX 5700 XTのファン速度を制御して、性能およびファンノイズのバランスをとるためにできるだけ低い温度にGPU、メモリー、PWM ICおよび他のコンポーネントを維持します。  迅速接続ファン システムの改善とは、 ファンがネジ1本だけで確実に取り付けられることから、取り外し、清掃、交換が簡単なことを指しています。

 

ゲーマーのためのよりスマートな選択

安定で、信頼性が高く、安定した性能を供給する長寿命コンデンサ、 ヒューズ保護 および 堅固なPCB設計が、ラインアップ全体に適用されています。冷却については、各カードは 頑強なVRM冷却とともに設計され、能率的かつ効果的に放熱するために、バックプレート上に熱伝導率の高いパッドを備えています。

次世代グラフィックスカードで最も温度の高い部品の1つは、その熱がメモリーから発生する部品です。  頑強なメモリー冷却 ソルーションは、特注の独立冷却モジュールを用いてクールダウンするNITRO+ RX 5700 XTに統合化されています。

加えてNITRO+ RX 5700 XTには、何も曲がらず、塵を外にとどめることを保証するための更なる強直性を提供するために、内蔵ARGBとともに硬くスタイリッシュなアルミニウム製バックプレートがついてきます。また、それは放熱を高めて、お使いのカードの冷却に役立ちます。

 

長所の向上

刺激的な展開では、現在NITRO+ RX 5700XTを所有するゲーマーには、一組の新規  SAPPHIRE ARGBファンにアップグレードする任意選択肢があります。この任意のアップグレードは、もう少し色を追加して、カードのARGB機能を増加させるために、特にNITRO+ RX 5700 XTカード用に設計されました。

1680万色RGB照明をもたらすために、2つの大きな95X15mmファンと1台の87X13.5mmファンの双方ともに対応可能なことを特徴としており、透明な高性能ファンはより長期の寿命のために二重ボールベアリングを使用して、あなたのゲームPCの長所を高めるために気流改善とノイズ縮小の双方を向上させています。

 

さらに、SAPPHIREは一部のゲーマーが全PCシステムの全体を通じたLED 効果を好むと認識しています。これを考慮して、当社は 3ピンヘッダを NITRO+ RX 5700 XTとマザーボードの双方との間にARGB LEDを同期させるためのオプションを提供するカードの尾部に含めました。ゲーマーは、グラフィックスカードがそれぞれにRGB LED効果を実施するか否か、またはマザーボードが制御権を得るか否かを選択することができます。

素晴らしい機能性

SAPPHIRE社はゲーマーが自らのグラフィックスカードを最大限に利用して、 SAPPHIREs TriXX ソフトウェアがその力を解き放つ鍵となることを望んでいます。その改造されて、見かけと違って単純なインタフェース機能を持つSAPPHIRE TriXXは、特定のSAPPHIREカードでサポートされていない機能がインタフェースでは表示されないようにするための知的なカードを含む多くの新規および改善済み機能を特徴としています。

新規 TriXXブースト 機能があれば、特定のハードウェアでより高いゲーム成績を得るために、ゲーマーは低い解像度で自らのゲームを行う選択ができます。従来、利用可能な解像度の選択肢は小さなオプションセットに固定されています。TriXXブーストでは、ユーザーの入力に基づいて付加的なカスタム解像度が構築されますが、それは品質対性能の妥協点についてのずっときめ細かな制御をもたらします。

TriXXブーストでは、ゲーマーがレンダリング解像度を低下させ、Radeon Image Sharpeningを統合化することで最終的な出力画像を拡大することにより、より高いFPSでゲームを実施することが可能になります。使いやすい他に、この強力なツールでは、解像度が2560x1440から2304x1296まで調整される時には3D Markにおける 19% の性能向上と人気のあるゲームで  14% の成績向上が見られ、解像度が3840x2160から3456x1944まで調整される時には、3D Mark Fire-Strikeにおける最高25% の成績向上とゲームでの最大14% までの向上が見られます。

 

The TriXX NITRO Glowの有用性は、NITRO+ RX 5700 XTで大幅に拡大、改善されました。カードの最上位とバックプレート上のロゴは、完全にカスタマイズ可能な外見に向けてARGB LED効果で強化されました。

利用可能なさまざまなモードがレインボーモード を含んであり、ご希望であれば完全にLEDのスイッチを切るオプションもあります。新規の オーディオ視覚化 モードは、より多くの独特の雰囲気をもたらすために、グラフィックスカードのARGB LEDを用いたゲームまたは映画からの音声効果を同期化します。

 

NITRO+ RX 5700 XTのTri-Xファンが最適レベルで作動することを確認するためには、SAPPHIRE TriXXファン検査 ユーティリティが ファンを検査して、ファンが適切に機能していることを確認します。

SAPPHIREs TriXX ハードウェアモニタリング によってゲーマーはリアルタイムにNITRO+ RX 5700 XTの性能のさまざまなデータポイントをモニター可能となり、オーバークロッキングまたはトラブルシューティングによる支援も可能となります。

 

単なるグラフィックカードを超えるもの

NITRO+ RX 5700 XTは、長期かつ安定した寿命を確保する多くの最新技術と耐久性のあるコンポーネントを備えています。SAPPHIRE DNASAPPHIRE COOLTECH および SAPPHIRE PLUS の機能群は、最高のゲーム成績を確保するために存在しています。それらは、高いフレームレートで温度を低く維持する優れた冷却技術に加えて、品質、頑丈さ及び信頼性を通じて当社製品の寿命を延長する良質なコンポーネントを装備して、当社のSAPPHIRE社のボードを非常に特別かつ独自にならしめる追加機能のすべてを含んでいます。

 

強力な新規Radeon™機能がある夢中になれるゲーミング

The NITRO+ RX 5700 XT AMD RDNAゲーミングアーキテクチャを装備しており、 高速GDDR6メモリをサポートして、PCIe4.0の支援を提供しています。NITRO+ RX 5700は、以下を含んで1440pゲーミングを向上させる新規Radeon™機能を提供しています。

 

Radeon Image Sharpening (RIS) DirectX® 912およびVulkan® の製品名では他のポストプロセスエフェクトによって和らげられたゲーム中の映像に鮮明さと明快さをもたらします。

Radeon Anti-Lag eSports用に最適化され、入力表示応答時間を最高31パーセントまで減少させることによって競争力を向上させています。

 

可用性

SAPPHIRE Nitro+ RX 5700 XTシリーズは現在出荷開始中であり、世界中で選ばれたSAPPHIRE e-テイラーおよび小売店でご購入できます。

 

モデル

SAPPHIRE NITRO+ Radeon RX 5700XT

GPU

NITRO+RX 5700 XT グラフィックス 、第二世代 7nm GPURDNAアーキテクチャ

ストリームプロセッサ

2560

ブーストクロック

最大で2010MHz

ゲームクロック

最大で1905MHz

ベースクロック

1770 MHz

メモリーサイズ/バス

8GB/256 bit GDDR6

メモリクロック

有効画素14 Gbps

ディスプレイ

最大4ディスプレイ

解像度

HDMI: 4096×2160@60Hz
DisplayPort1.4: 5120
×2880@60Hz

インターフェイス

PCI-Express 4.0

出力

2x HDMI
2x DisplayPort

BIOSサポート

Dual UEFI

API

OpenGL® 4.5
OpenCL 2.0
DirectX® 12
Shader Model 5.0

ゲームインデックス

究極の1440P

SAPPHIREの機能

NITRO Glow (ARGB)

電源設計


ファン検査


フリーフロー


VR-
フレンドリー


TriXX
対応


TriXX
ブースト


知的ファン制御


精密ファン制御


堅固なVRM冷却


堅固なメモリー冷却


Tri-X
冷却テクノロジー


強靭な金属バックプレートPCB
2-
ボールベアリング


迅速ファン接続


ヒューズ保護


Dual BIOS

AMDの機能

RDNAアーキテクチャ


第二世代の7nm GPU


GDDR6
メモリー電力効率


PCI Express 4.0
サポート


8K
までのビデオストリーミング


ディスプレイポート1.4HBR3/DSC


Radeon
ソフトウェア


Radeon
ブースト


Radeon
Image Sharpening


Radeon
Anti-Lag


Async Compute


Radeon
Rays Audio + True Audio Next


Radeon
FreeSync 2 HDR


Radeon
VR Ready Premium

冷却

Tri-X冷却
2
ボールベアリング

フォームファクター

2.3スロット、ATX
寸法:306 x 135 x 49(mm)

消費電力

265W

OS

Windows® 10Windows® 7
64
ビットオペレーティングシステムが必要

システム要件

最低650ワット電源(推奨)。
1x8
ピン電源コネクタ。
1x6
ピン電源コネクタ。
PCI Express®
を搭載したPCが必要です(マザーボード上のX16レーン・グラフィックス・スロットに使用可能な空きが1つあること)。
最低8GBのシステムメモリが必要です。16GBが推奨されます。

モデル

SAPPHIRE ARGBファン

パッケージ内のファン数量

3

寸法

2 x 95×15mm

1 x 87×13.5mm

ファンベアリング

2ボール-ベアリング

精密ファン制御IC

有り

ファンのクイックコネクトサポート

有り

動作電圧

12V

エアフロー(CFM

57.5 CFM (95x15mm)

43.1 CFM (87x13.5mm)

静圧(mm/H2O

4.4 mmAq (95x15mm)

4.25 mmAq (87x13.5 mm)

最大音量レベル(dBA)

42.5dB (95x15mm)

32.5dB (87x13.5mm)

最大回転数(RPM

3200+/-200 RPM

電力使用料(W)

5.4W

対応グラフィックスカード

NITRO+ RX 5700 XT/ NITRO+ RX 5700

SAPPHIRE NATIONにご参加ください!